2007年8月6日 ()

PuTTY 0.60 ごった煮版 2007年8月6日版

先日リリースしたごった煮版7月25日版ですが、特定の条件でWindowsの保護違反で落ちることが判明しました。その他にもいくつか発見された不具合を修正したものをリリースします。

変更点は以下のとおり。

  • pageantで生成する鍵のビット数がはみ出ていたのでダイアログサイズを大きくした。(指摘いただいたSummonさんに感謝)
  • ClientAliveIntervalが指定されたサーバに接続中に設定変更ダイアログを表示していると切断されてしまうので、設定変更ダイアログ表示中にも通信への応答が実行されるように修正。
  • Microsoft Visual C++ 2005 Express Edition + Microsoft Platform SDKでコンパイルするとデフォルトではprintfの書式文字列で%nを使っているとエラーになるため、エラーにならないように_set_printf_count_outputを呼び出すように修正。(指摘いただいた齋藤さんに感謝)
  • コントロールのラベルにショートカット用のラベル("(X)"など)を付加する場合に元のラベルが短いとヒープを破壊する場合があったので修正。

 pageantでもPuTTY本体で使用しているダイアログ表示ルーチンを利用しているので、ダイアログのサイズを変更する必要があったようです。

以前のハングアップするバグで未検証だったコードもちゃんとハングしないように修正して入れてあります。でもまだ何か問題あったらすいません。

printf書式の%nの問題については_set_printf_count_outputのリファレンスを参照してください。この問題については本家の方でもそのうち問題になるはず(現在リリースされているバイナリについてはコンパイラ&ライブラリのバージョンが若干古いため問題ない)なので報告しておいた方がいいとは思うのですが、報告するには少し越えられない壁(言語)が…。

コントロールラベルでのヒープ破壊ですが、デバッグ時には警告として表示されますが、微少な破壊なので基本的に問題は発生しないと思います。まぁ、気持ち悪いのでごった煮版では修正しておきます。

投稿者 双六 : 2007年08月06日 23:59 | このエントリーのトラックバックURL
※ゑBLOGではこのブログへのリンクを含まないトラックバックを拒否しています。また、そのチェックのためトラックバックの送信中にタイムアウトを起こす可能性があります。トラックバックの送信に失敗したように見えても、しばらく待つと送信に成功していることがありますので、リロードするなどして確かめていただきますようお願いします。
トラックバック
PuTTY 0.61 日本語環境 from http://www.baldanders.info/spiegel/log2/000542.shtml
PuTTY 0.61 が登場して久しいが,日本語版が登場しているらしい。
コメント

>沖崎さん
私の環境(WindowsXP SP2)でもCPUが100%になる現象が発生します。
やはり2007年5月10日版に戻すと問題ありませんでした。

投稿者 ann : 2007年07月23日 11:32

>沖崎さん
私の環境(WindowsXP SP2)でもCPUが100%になる現象が発生します。
やはり2007年5月10日版に戻すと問題ありませんでした。

投稿者 ann : 2007年07月23日 11:32

>沖崎さん
私の環境(WindowsXP SP2)でもCPUが100%になる現象が発生します。
やはり2007年5月10日版に戻すと問題ありませんでした。

投稿者 ann : 2007年07月23日 11:32
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?