2007年7月25日 ()

PuTTY 0.60 ごった煮版 2007年7月25日版

先日リリースしたPuTTYごった煮版ですが、どうやら使っているうちにハングアップしてしまうバグがあるようです。5月10日版に戻せば発生しなくなるようなのですが、5月10日版から7月15日版での変更はhdkさんのところの修正だけだったはず…と思っていたのですが、パッチを比較してみるとコミットしていないつもりの変更がorz

まだ確認できてないのですが、発生する現象およびタイミング等などからこの変更による副作用であると推測されますので、この変更を元に戻したものをリリースします。

変更点は以下のとおり。

  • 未検証のコードが混入していたため削除。 

SSHサーバの方でClientAliveIntervalを設定している場合に設定の変更ダイアログを表示したままほったらかしておくと不正終了するという問題を見つけたのでそれに対する修正案を考えていたんですが、まだ検証できていない状態だったのでコミットせずにおいたつもりの修正が、何らかのオペミスでコミットされてしまっていたようです。

今回のリリースでは上記の変更を元に戻しましたので当然のことながら、上記の問題は残ったままになっています。何か対策を入れたいんですけど…本家の方ではどうしてるんだろ?

投稿者 双六 : 2007年07月25日 00:08 | このエントリーのトラックバックURL
※ゑBLOGではこのブログへのリンクを含まないトラックバックを拒否しています。また、そのチェックのためトラックバックの送信中にタイムアウトを起こす可能性があります。トラックバックの送信に失敗したように見えても、しばらく待つと送信に成功していることがありますので、リロードするなどして確かめていただきますようお願いします。
コメント

>沖崎さん
私の環境(WindowsXP SP2)でもCPUが100%になる現象が発生します。
やはり2007年5月10日版に戻すと問題ありませんでした。

投稿者 ann : 2007年07月23日 11:32
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?