2005年10月13日 ()

PuTTYごった煮版 インストーラー

Sleipnir2.0のインストーラーのプロパティを見てみると Inno Setupというインストーラー作成ツールで作成しているとありました。 試しにインストールしてみると拡張子(*.iss)に見覚えがあります。

よくよく考えてみるとPuTTYのソースの中にputty.issというファイルがあったのを思い出しました。そうです、 PuTTYのインストーラーはこのInno Setupで作成されていたのです。

早速Inno Setupでputty.issを開いていじってみると結構色々できることが分かりました。 ごった煮版のインストールも結構簡単に作れそうです。ということで早速作ってみました。

PuTTYβ0.58ごった煮版2005年10月13日版インストーラー(いつものアーカイブはこちら)

せっかくなのでインストールに使用する言語を英語と日本語から選択できるようにしてみました。まぁ、 ごった煮版で拡張した機能って日本語環境でないと特に意味のないものがほとんどなので英語環境の人が使うことは考えなくてもいいのかも知れませんが。

あとpfwdとplinkw、日本語用ファイルソースコード(といってもパッチだけ)をインストールするかどうかの選択や、 設定をINIファイルに保存するかどうか、も選択できるようにしています。 最初に使用する言語を英語にした場合には日本語ファイルをインストールしないようにもしてあります。

 

投稿者 双六 : 2005年10月13日 22:31 | このエントリーのトラックバックURL
※ゑBLOGではこのブログへのリンクを含まないトラックバックを拒否しています。また、そのチェックのためトラックバックの送信中にタイムアウトを起こす可能性があります。トラックバックの送信に失敗したように見えても、しばらく待つと送信に成功していることがありますので、リロードするなどして確かめていただきますようお願いします。
コメント

>沖崎さん
私の環境(WindowsXP SP2)でもCPUが100%になる現象が発生します。
やはり2007年5月10日版に戻すと問題ありませんでした。

投稿者 ann : 2007年07月23日 11:32
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?